毎週木曜日に脳神経外科専門医による外来を行っています。頭痛やしびれ、めまい、脱力感、物忘れなどの症状が気になる方はご相談ください。特にしびれ外来、脳振盪外来は豊富な診療経験があります。気になる方は下の詳細ページもご確認ください。CTやMRIといった画像検査は近隣の浦賀病院、衣笠病院と連携して即日の検査にも対応しています。また緊急性が高い場合は、うわまち病院、横須賀共済病院と迅速な連携をとれる体制となっています。

しびれの原因は主に脳疾患、脊髄疾患、末梢神経疾患、内科・代謝疾患、薬の副作用など多岐にわたります。そのため、しびれは非常に多くの方にみられる一方で、原因が多岐にわたるがゆえに、しびれを専門的に診れる医師が非常に少ない現状があります。

受診しても「年のせい」「首・腰が悪い」「薬でひとまず様子を見ましょう」と言われ、原因疾患もわからず、症状も改善せず、日々生活されている方が多い症状です。当院脳神経外科医は、日本のしびれ外来の草分けである「のじ脳神経外科・しびれクリニック院長 野地雅人医師」に5年間師事し、しびれ診療に豊富な経験があります。しびれ診察の基本は時間をかけてお話を聞き、じっくり身体診察を行うことから始まります。しびれに日々悩まされている方はぜひ一度ご相談ください。

脳振盪は頭やその周囲に強い衝撃が加わることで起こる脳の機能障害です。CTスキャンやMRI検査といった一般的な検査では異常が見られないにも関わらず、頭痛やめまい、不眠や集中力の低下など様々な症状が続くことが特徴的です。

特に受傷の原因がスポーツの場合、完治しないまま復帰することで短期間に脳振盪を繰り返し、重症化、長期化することが報告され、近年大きな問題となっています。

専門家が少なく、かつ通常の検査では異常がないことから、適切な治療が受けられず、数か月以上続く症状に悩まれている方も珍しくありません。特に女性や小児は症状が重症、かつ長期化しやすいため、学業への復帰の妨げになることもしばしばみられます。

当院脳神経外科医は日本で数少ない脳神経外傷指導医であり、国立スポーツ科学センター(JISS)で東京オリンピック2020に出場する選手の脳振盪診療に携わっていた経験もあり、脳振盪からの復帰に関して専門的なアドバイスをすることができます。

脳振盪症状が長引いている方、短期間で脳振盪を繰り返している方などは一度ご相談ください。

※脳振盪診察は詳細な問診や診察を行うため30-60分の診察時間がかかります。受診前にかならず電話予約をお願いいたします。